搜索论坛 统计排行 帮助
  • 176阅读
  • 0回复

决战翻译(未来乡愁)

楼层直达
级别: 精灵使者
由于未来乡愁字数跟难度都压倒性的超越了以往的文章,所以要先借助论坛打个草稿
我的思路是这样的
第一种模式,杏奈线:
直接砍掉双胞胎的两条线
然后刚开始是伊織线,直接上13话,然后拯救伊織失败,伊織受了重伤昏迷了,男主角受
了重伤住院了半年,杏奈再次回到了过去,然后男主角身体恢复后,逃离了小镇,然后在

外国遇到了杏奈小时候版本,男主角终于明白了在未来被拒绝了的女人的来源,跟着男主
角收养了杏奈,并教了杏奈魔法,诗线+杏奈幼年时期6集,杏奈试图说服诗面对自己的心

意主动去追男主角,结果失败,因为伊織并没有死,那么剩下最后一条路就是,利用魔法

救回昏迷的伊織,结果失败,男主角跟伊織死掉,第一次穿越了时间的杏奈跟被扶养的杏

奈相遇,并且把现有全部魔法灌输给了被扶养的杏奈,被扶养的杏奈穿越时间回到过去,

杏奈线开始,被扶养的杏奈把伊織的记忆直接传输给男主角,所以你不可以跟伊織在一起

,而且这时候男主角已经喜欢上了杏奈,并且对伊織没啥感觉了,跟着杏奈的力量开始暴

走了,毁灭了整个班级,杏奈才开始知道魔力暴走的原因,于是乎打算离开男主角,

但是

男主角不愿意,结果杏奈的力量再次暴走,反而被伊織的力量控制住了,伊織强行封锁了

杏奈的力量,杏奈从此力量变成沉默状态,杏奈就跟男主角走到一起了,但是没有结婚场

景,而伊織就继续自己的神社生活........

这条线的区别在于,回到过去后,没有培养感

情直接告诉真相,因为杏奈认为利用力量强行分开男主角跟伊織是卑鄙的,所以让男主角

选择,现在男主角既不喜欢杏奈,也不喜欢伊織,并且不知道伊織是青梅竹马,然后剧情

开始按照前面第一条伊織线开始命运的轮回,



于是乎被扶养的拥有双倍力量的杏奈,跟男

主角救回了伊織,然后杏奈就在诗的公司帮助诗的成长



全世界的超能力者登场,这些能力者某天收到了一封信,然后召集了全部能力者进行能力

评比:
全世界排名



伊織:第四位
第一次的杏奈:第13位
男主角:第40位,但是有不确定因素
那只猫:第5位
拥有双倍力量的杏奈:第七位





测试分为两个步骤进行,能力类型
前6集
试卷调查测试
体能测试,杏奈力量恢复
战斗测试,着重描写伊織跟杏奈的决战


没有死人
各能力拥有者回到各自国家,
杏奈重新封印成功(由第2位新角色来解封与封印杏奈的力量)
杏奈跟主角的爱情故事重新开始,(2集)

主角跟伊織进山采集植物,主角跟伊織讨论送什么礼物给杏奈,庆祝生日
周围环境莫名其妙的出现破坏,伊織的力量开始小规模,分散式暴走,
伊織逃走,主角追上去,得知能力近期开始莫名其妙的暴走

因为知道了能力暴走的原因,主角不敢随便跟杏奈讨论,于是乎转而跟会长以及那只猫讨

论伊織的能力暴走,跟着主角叮嘱那只猫跟着伊織,防止伊織力量暴走,伊織力量暴走,

猫往伊織大脑传输佛经,阻止了伊織的魔法回路(2集)

2集
伊織力量封印第一阶段开始(不包括杏奈):
猫过去的历史登场,猫恢复人形,男主角,会长开始对伊織力量封印失败
伊織力量封印第一阶段开始(包括杏奈):
这里可以插入跟杏奈的谈判
猫解封了杏奈的力量,现在解封了杏奈的力量,这里没有任何保证可以重新封印杏奈的力

量,开始对伊織力量封印,封印失败,伊織的记忆传输到了男主角脑里面
这里可以玩时间LOOP,主要看最后集数分配

男主角感觉到应该为了儿时的冲动而负责任,男主角跟猫离开了小镇,到了国外寻求哪个

超能力组织的帮助,跟着这个超能力组织说出了超能力暴走的真相,以及伊織的特殊性,

或许封印伊織的力量并没有想象中那么困难,而且可能意外的简单与安全..好,封印好了



僕の目論見は以下そうです
一のパターンは、杏奈ルート
ふた子のルートはパッさり切り捨てる
そして冒頭には伊織ルート、13回を配る必要がある、そして伊織を救い、失敗したあと、伊織は昏睡状態に陥た、主人公は重傷を負わせた、入院半年、杏奈は再び過去に戻る、主人公体調を取り戻したあと、この町を出た、そして外国で幼いの杏奈に出会った、主人公ようやく分かった、未来にふられた女の意味、そして主人公は幼き杏奈を引き取りになりました、そして杏奈に魔術を教えて,6回ぐらいで詩と杏奈の幼い頃を済まして、杏奈は詩を説得する試みをして自分と自分の心をちゃんと向き合うべきだ、だから、遠慮なく思っきり主人公をくどいてみせる。結果は大失敗だ、そして伊織はまた生きだまま、ただ昏睡状態に陥てだけのこと、ならば残るのは最後の路、魔法で昏睡状態になった伊織を蘇る、そして災厄の結果を迎えました主人公と伊織ともに死んてしまう。
第一回タイムスリッパした杏奈は引き取られる幼き杏奈と出会う、そしてタイムスリッパした杏奈はありったけのマナを幼き杏奈に注ぎ込む、そして幼き杏奈タイムスリッパをして過去に戻る
杏奈ルート始めました;
引き取られた杏奈は伊織の記憶を直接的に主人公の頭に転送した、だから君と伊織一緒にいちゃだめ、そしてこのとき主人公はすてに杏奈にほれほれした、伊織になんの感覚も持たない、そして杏奈の力が暴走しはじめた、クラスまるごと壊されました、そのとき杏奈はうすうす気付いた魔力暴走する原因、そして主人公と離れるつもり,でも主人公意地を張って杏奈を引き止めようとしている。結果として杏奈の力は再び暴走し、今度逆に伊織の力で制御できる、伊織は力づくで杏奈の力を封じて、杏奈の力はそれ以後沈黙のままでいられる。杏奈はこれから主人公と一緒にいます。でも結婚場面なし、伊織はそのまま、自分の神社暮らしを続けている。



パターン2は無理矢理に伊織ルート

引用
第一回タイムスリッパした杏奈は引き取られる幼き杏奈と出会う、そしてタイムスリッパした杏奈はありったけのマナを幼き杏奈に注ぎ込む、そして幼き杏奈タイムスリッパをして過去に戻る
杏奈ルート始めました;
引き取られた杏奈は伊織の記憶を直接的に主人公の頭に転送した、だから君と伊織一緒にいちゃだめ

前部分のあらすじ通り、そのままこのルートに適用して、このルートの分別は引き取られた杏奈は過去に戻ると直接に真相を主人公に伝える、杏奈と主人公の感情はまた芽生えないままに。杏奈はいくらなんても力づくで二人を無理矢理に引き離そうとしてのは卑怯ものだ、主人公の意思は尊重するべきだ、だから最後の決断は主人公に任せてただ事実を述べるだけ、いま主人公杏奈に対して特別な感情は持たないまま、そして伊織は主人公の幼なじみこともしらない、そしてシナリオは前述のとおり、最初の伊織ルートから運命の歯車はもう一度動き始める。そしてダブル力を持つ引き取られた杏奈は主人公とともに伊織を暴走する力からたすけた、杏奈はそれ以後詩の会社に務める詩の成長に力を入れる
パターン2は第二シリーズはできないから、だから パターン1を勧めます
パターン1終わったあと、シリーズ2に入る
ある日、全世界の超能力者に手紙を届いた、そして全世界の能力者を集中して力テストを行われる
ランキング
全世界準位
伊織:4
はじめの杏奈;13
主人公:40 でも不確定性がある
あの猫:5
改造された杏奈:7
テストは2つの手順に分けて行われる、能力タイプ
6回でよい
テスト問巻調査
体能テスト、杏奈力回復する
バトルテスト、伊織と杏奈の戦いに重点置く
テスト終わった、死人でない、各能力者は各自の国に帰る
杏奈の力は再び封印成功(ランキング2の能力者に行われる)
杏奈と主人公のラブコメ再び始める(二回で済ます)
ある日、主人公と伊織はともに山入り植物を採集する、主人公は杏奈に何プレゼントしようと伊織と話し始める、誕生日のお祝いだ。
周りの景色、突如崩壊し始める、散発的に現れた、伊織の力が小規模的に散発的に暴走し始めた。
伊織はすぐ逃げた、主人公は追いかけている、能力が近いころにわけもなく暴走しはじめるという事実を知った
能力が暴走する原因を知った主人公無闇に杏奈に話しかける、そして会長とあの猫に回し、伊織の能力暴走について相談する
主人公はあの猫に釘をさす、伊織の後についていく、伊織力暴走を防ぐために、そして伊織の力は再び暴走する、その猫はすぐさまに仏経を直接的に伊織の頭に送り込む、仏経の音が伊織の頭に響き渡る、暴走する力のリズムを振り乱し、力の暴走を防ぐのだ(2回で済ます)
(同じ2回で済ます部分でもある)
伊織の力封印第一段階始める(杏奈抜き)
猫の過去忌まわしい歴史の登場、猫の人形に還元された、猫、主人公、会長、と連携して伊織の力封印を始める、でも失敗に終わった
伊織の力封印第二段階始める(杏奈も含める)
ここでは杏奈との交渉もシナリオにいれるでもよい
猫が杏奈の力を解いて、いま杏奈の力すてに開封された、でも杏奈の力を再び封印する保証はとこにもない
さて、伊織の力封印を始める、封印はまだ失敗に終わった、伊織の記憶はその瞬間に主人公に届いた
主人公はその瞬間すべて思い出しだった
ここでは時間ループ入れてもよい、主に最後の回数分配によって
主人公はこともの時気まぐれに責任をもつべきだ、そして主人公とその猫を海外に出て、ある超能力組織に助けを求めた。
そしてあの超能力組織はすべてあらいざらい打ち明ける、力暴走する真実とか、伊織の特殊性とか、多分伊織の力封印は想像より難しくない、意外に簡単そして安全的に済まされる。
伊織の暴走事件あと、残るのはめろめろのナブコメだけ
祭りの伊織の巫女舞いはかなりのみもの
そして杏奈の誕生日祝い





伊織力量后,剩下就是爱情故事了
神社祭奠上面的伊織的巫女舞
跟杏奈庆祝生日
实话说连续编13话日常恋爱剧,做好细节铺垫,主要是主角的心理转变跟周围的对情侣认

可度,果然还是应该通过传统用一些不可挽回的事故吗?这里困难的不是让男主角的心转

向伊織,而是要让观众有一个足够的能够接受的理由,也就是正大光明的爱情背叛,你的

剧情制作水平能力会在这里全部体现出来......而且这样编剧间接就喂了观众两次屎了
因为一般动画会给出观众可猜测因素,刚开始本来以为一定是伊織线,到最后却是杏奈结

局,简直就是侮辱智商,跟着在第二季,淡定的杏奈结局,结果却是伊織结局,再喂观众

一次屎............简单说句你只是以为你自己具备猜测能力而已,压根一开始就不让你

拥有任何猜测剧情的能力,如何合理的残废读者的猜测能力也是一种诡异的能力,明白吗

?值得赞赏的诡异能力
伊織的力量的原理或者说魔法力量的原理,长期的人类进化过程中,人类身体诞生出了三

种回路:
血管,神经纤维,魔法回路
血管提供神经纤维营养
神经纤维提供魔法回路营养
传统的封印方法是直接对全部魔法回路进行封印,这是需要大量能量的
现代的封印方法:
1:不对全部魔法回路进行封印,只对关键魔法关口进行封印,或者关键魔法回路区域进行

封印
2:氯硝西泮来降低神经兴奋度,从而减少对神经对魔法回路魔法回路的营养供给
3:针对血管,利用抗组胺类药物控制血管收缩,同时使用苯丙氨酸抑制药物来降低神经兴

奋性,简单说句就是抗过敏


好吧整体框架就是这样,剩下的我也不知道怎么编了,非常显然第二季我的希望是重新回

到伊織线
可以通过事件来推进


我死定了
快速回复

限100 字节
如果您提交过一次失败了,可以用”恢复数据”来恢复帖子内容
 
认证码:
验证问题: 雪飘工作室的英文名字,抬头看域名(六个字母,全部小写)
上一个 下一个